究極の美ボディは、ファスティング回復期が作る

コンブチャクレンズのファスティングは準備期、ファスティング期、回復期の3つのステップで成り立っています。
この3ステップの中で、最も重要なポイントが回復期です。
コンブチャクレンズのファスティングによりリセットされた身体は、コンブチャクレンズのファスティング後の正しい食事によって再構築されるからなんです。
このファスティング直後の食事を復食期間といいます。
もし、この回復期を軽くみて、コンブチャクレンズのファスティングの翌日から好きなものを食べまくると、あなたは自分史上最高のリバウンドを体験することになります。
ファスティング直後の身体は消化物をものすごく吸収しやすい状態になるので、食べたもののカロリーが砂地に水が吸収されるかのように急激に身体に蓄えられます。
せっかく口寂しいのも我慢して頑張った数日間を台無しにして、後悔に苛まれてしまうことは間違いありません。
それよりも残念なのは、デトックス効果で排泄したはずの毒素を、吸収しやすい状態の身体は毒素を再び身体に急激に取り込むことになり、以前にも増して身体に悪影響を与えて、体調が悪くなってしまうこともあります。
それは、せっかく綺麗に掃除したばかりのお部屋にカレーの入った鍋をひっくり返してしまうようなものだと思いませんか?ちょっと注意すればこのようなことは起こさずに済むことです。
コンブチャクレンズのファスティングの成功のカギは、回復期を正しい方法で過ごすと、数週間、脂肪燃焼効果が持続したり、体質が以前と比べてものすごく快調になったりと、コンブチャクレンズのファスティングの効果をより確実なものにすると究極の美ボディを手に入れる近道になります。
人によってはコンブチャクレンズのファスティング期が終わってファスティングが終了した気になってしまい、食べたくなる衝動が堪え難いと感じることもあるでしょうがもう一踏ん張り。
今までの努力と我慢と時間とお金を無駄にしないようにコンブチャクレンズのファスティングは回復期も含めてゴールだと認識して、コンブチャクレンズのファスティングのゴールを一歩手前で間違えないようにしましょう。
コンブチャ クレンズ

コンブチャクレンズのファスティング回復期の究極の美ボディを目指すポイント

コンブチャクレンズのファスティングは準備期、ファスティング期、回復期の3つのステップを合わせて1セットになりますから、それぞれのステップにかけた日数×3となるのが理想的です。
例えば準備期に6日間、ファスティング期に6日間、回復期も6日と同じになるのがいいわけです。
食事量、内容を少しずつ減らしていく準備期とは反対に、コンブチャクレンズのファスティング回復期では食事量、内容を少しずつ充実させていくのが究極の美ボディを目指すポイント。
食事を解禁したら、「自いご飯が食べたい!」といきたいところですが、そこは我慢!
ファスティング後にいきなり白米や砂糖などの血糖値が上がりやすい食品をとると、ほとんどの場合リバウンドします。
ファスティングで軽い飢餓状態にあった身体は、エネルギー源を急いで体内に溜め込もうとします。
このため血糖値を急激に上げる糖質はいっぺんに身体に吸収されてしまいます。
さらに、急激な糖質摂取は血糖値を急上昇させ、上がった血糖値を下げるために身体はインスリンという血糖値の上昇を抑えるホルモンを大量に分泌します。
大量に分泌されたインスリンの効果で今度は逆に血糖値が急下降して一時的な低血糖症を起こしてしまうこともあります。
低血糖症になると喉の乾き、唇の乾燥、震え、発汗、不安、動悸などの症状が現れます。
このようなことにならないように、初めは玄米や野菜を中心とした急激に血糖値が上がらない食品から摂っていきましよう。
もちろん、コンブチャクレンズのファスティングを終えてからも、糖質の吸収度合いが低い食品を多く摂ることは究極の美ボディを目指すため健康やスタイルの維持に非常に効果的です。
回復期1日目の、1回目の食事は柔らかく炊いた玄米粥や玄米などのスープを少量だけ摂りましよう。
回復期1日〜3日の間は玄米粥を主食として野菜中心の副菜や汁物をとり、4日目以降は玄米に野菜や豆類、魚介類などを人れていくといいですよ。
コンブチャ クレンズ

コンブチャクレンズのファスティング準備期やファスティング期以上に気をつけたい、回復期の最重要ポイント

わたしたちが、朝起きてすぐに急激な活動ができないようにファスティング中に休息していた消化器官も、いきなりすぐに急激な活動はできません。
特に、いきなりたんばく質や脂質の含有量が多い肉類や魚などをとると、休息していた消化器官を急激に活動させてしまい、身体のリフレッシュどころか逆に消化器官に負担をかけてしまいます。
肉類より魚介類、魚介類より豆類、豆類より玄米などの穀類というように、植物性の物から動物系の物の順に摂取していくと身体の消化器官系に無理がかからず、うまく回復させることができます。

特に注意が必要なのは脂質の摂り方

質の悪い油を摂ることは、デトックスした体に早速悪いものを入れることになります。
せっかく体内から悪いものを排泄したのですから、なるべく質の良いものを摂っていきたいですね。
脂質の摂取は、復食後4日目以降から始めていきます。
動物性の脂質は摂らないようにして、なるべく一般的なサラダオイルなどの植物油ではなく、フラックスシードオイルやフィッシュオイルを使うようにしましょう。
デトックス前に体内に溜まっていた油に含まれていたトランス脂肪酸や酸化した油や動物性脂質などが、身体の機能低下や老化促進や美容の妨げの原因、過剰な摂取で病気の原因となっていたわけです。
何度もいうようにファスティング直後の身体は身体に入ってきたものを劇的に吸収しようとします。
なので、トランス脂肪酸や酸化した油や動物性脂質などの身体に不調をもたらしていた原因の脂質はファスティング直後にとらないよう気をつけてください。
リセットした身体に交換するオイルは、身体を正常に機能させるものを選ぶことがポイントです。
間違ったオイルを選択してしまえば身体は正常に機能しないばかりか、身体の不調の原因になりかねません。
身体の機能や、健康的で美しい究極の美ボディの維持に繋げるために取るべき脂質は、オメガ3系脂肪酸です。
あなたの普段の食事に含まれる油はオメガ6系脂肪酸が多かったはずです。
オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸は拮抗する作用があり、オメガ3系脂肪酸は炎症を抑制させ、オメガ6系脂肪酸による症状を緩和させる働きをします。
フラックスーシドオイルや青魚に多いDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれている魚油、荏胡麻油などを加熱せずに、生のまま摂取しましよう。
オーガニック農法の材料を低温圧で搾法して、加工していないもの(コールトプレス)し、黒くて遮光性の高い瓶に入っている油が理想的です。
あなたの身体をを形成する約60兆個ともいわれている細胞の膜を構成しますので、できる限り無農薬でオーガニックの材料から作られているものを選ぶのがいいです。

お洒の摂り方にも注意

お酒に含まれるアルコール自体のカロリーはエンプティカロリーといって身体に貯まらないカロリーです。
意外と誤解されやすいのがお酒は全部エンプティカロリーと思って身体に貯まらないカロリーと思われていることもあるようです。
しかし、ビールやワイン、日本酒といった醸造酒にはアルコール以外に原材料の糖質がカロリーとなります。
ウイスキーやブランデー、ウォッカなどは蒸留酒とよばれ製造工程の蒸留過程で糖質は取り除かれるためエンプティカロリーとなります。
この蒸留酒のエンプティーカロリーが曖昧なまま一人歩きしてお酒はエンプティーカロリーだと思われる方がいるのではないでしょうか?
お酒自体のカロリーは、たくさん飲まなければファスティング回復期に飲んでも大丈夫と思ったら、ちょっと待って!
お酒はカロリーよりもアルコール自体の毒性を認識しなければいけません。
吸収力が上がったファスティング直後の身体にアルコールを入れると、肝臓機能障害、脳機能障害、記憶力の低下、うつなとを引き起こす可能性もあります。
最低でもファスティング後の2週間程は、アルコールの摂取を控えることをおすすめします。
コンブチャ クレンズ