コンブチャクレンズのファスティングで得られる効果は多くありますが、大きな効果の1つとして「デトックス」があります。
デトックスとは毒素を分解したり、毒素を体内で無毒化したり、排出したりすることで、健康や美容には欠かせない要素となります。
一般的には、手軽なデトックスとしてエクササイズやサウナ、岩盤浴などで汗を流すことが一般的にも知られています。
あなたも世の中にあふれる、デトックスという名のついた商品やサービスを使用したことがあるのではないでしょうか?
実は汗からでは全体の毒素のたった3%程度しか排出できないということをあなたは知っていますか?
最も高いデトックス効果が得られるのは便で、なんと全体の約75%にものぼります。
次いで尿が約20%、汗は約3%、爪や髪は約2%の順となっています。
つまり、便秘の人はサウナや岩盤浴で汗をかくよりも、便秘を解消させた方がデトックス効果は大きいということなんですね。
しかし、通常のデトックス機能では排出しきれずに、身体に溜まったままになってしまう毒素もあります。
コンブチャクレンズのファスティング時には多くのデトックス効果が期待できますが、日常生活の中で特に排出するのが難しい毒素は主に宿便、人体に有害なミネラルである有害金属食品添加物の3つです。
わたしがコンブチャクレンズをファスティングでおすすめする理由はコンブチャクレンズにはデトックスに有利な成分が贅沢に配合されているからなんです。
コンブチャ クレンズ

宿便を排泄するコンブチャクレンズのファスティングのデトックス効果

宿便は滞留便とも呼ばれており、一般的に食習慣やストレスなどが便秘などによって食べた食物が腸内に長時間溜まっている状態を指します。
宿便の主な成分はたんばく質と脂質であるとされており、それらは腸内で腐敗して悪玉菌を増やし、毒素や悪臭の原因となってしまいます。
悪い生活習慣から起こる腸内環境の悪化は、身体全体の免疫システムや精神状態にも深く影響を及ぼすといわれています。
腸内細菌には、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。
最近ではこの腸内細菌のバランスのことを腸内フローラと呼んだりするようになりましたね。
宿便などにより腸内で悪玉菌が増えれば、善玉菌の勢力が弱まると、普段身体に無害だった日和見菌も悪玉菌に味方して身体に悪影響を与え始めます。
悪玉菌の勢力が高くなった腸内では、病原性細菌やウイルスなどから身体を守る役割をする白血球が力を発揮できなくなり、病気になりやすく疲れやすい身体になってしまいます。
腸内フローラの理想的なバランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割が理想的です。
腸と脳は同じ自律神経で支配されており、非常に密接に深く関わり合っています。
脳が受けたストレスは腸に伝わります。緊張したり、イヤなことがあったりするとお腹が痛くなるという経験はあなたにもあるはずです。
これは腸にもストレスがかかったため、腸の働きが悪くなるということが最近の医学では常識になっています。
また、腸内の環境が悪くなればそのストレスは脳に伝わり、イライラしたり、落ち込みやすくなったりといった形で現れることもあります。
この関係から腸は第二の脳と呼ばれることもあります。
宿便が原因で悪玉菌が活発になると毒素を多く作るようになり、その毒素が体内に吸収されて様々な不調の原因になることや、大腸ガンの危険因子になることも知られています。
排出器官の1つである皮膚から汗腺を通ってデトックスしようとすれば、毒素が毛穴を通るため、肌荒れの原因になることもあります。
このように宿便は美容と健康を脅かす原因となっています。
コンブチャクレンズのファスティング時には、新しい食物が人ってこないため、身体にとって不要なものを体外に排出しようとする力が強くなります。
また、身体に有効な成分を豊富に含んだコンブチャクレンズと水分を十分に摂りながら行うことで腸の動きがよくなり排便しやすい状態になります。
個人差はありますが、コンブチャクレンズのファスティング4日目以降に宿便が出たという方が多いようです。
長い間溜め込んできた宿便が出ると身も心もとても軽くなるので、初めてコンブチャクレンズのファスティングをされる方は期待してもいいのでは?
コンブチャ クレンズ

有害金属を排泄するコンブチャクレンズのファスティングのデトックス効果

人体に必要な必須ミネラルには、鉄や鋼、亜鉛やクロムなどの金属が含まれていますが、同じ金属でも、非常に強い毒性を持ち、微量でも悪影響を与える有害金属があります。
有害金属ミネラルの中でも、体内に溜まりやすく、様々な健康被害が確認されている主な有害金属ミネラルがアルミニウム、水銀、鉛、ガドミウムです。
日頃から必須ミネラルを多く取り入れている食生活をしていれば身体に有害金属ミネラルが蓄積されにくくなります。
というのも必須ミネラルの中には、有害ミネラルに対抗するものがあり、必須ミネラルを摂取すると有害ミネラルの排出を促進させているからなんです。
しかし、食生活が乱がちでミネラルが十分に取れていない人は、有害金属ミネラルを身体が必須ミネラルと間違えて取り込んでしまう場合もあるので注意が必要です。

■有害ミネラルと健康被害と対抗する必須ミネラル

有害ミネラル 主な健康障害 主な原因 主な排泄栄養素
アルミニウム アルツハイマー病、疲労感、頭痛、認知・運動機能障害、注意欠陥多動性障害、食欲不振、筋肉痛、けいれん、胃腸障害など アルミ鍋、アルミホイル、歯磨き粉、ふくらし粉など マグネシウム、鉄
水銀 うつ状態、皮膚炎、眠気、しびれ、情緒不安定、認知機能不全、自閉症、注意欠陥多動性障害、頭痛など 魚介類、農薬、化粧品、アマルガム(銀歯)、柔軟剤、防カビ剤、予防接種など セレニウム、亜鉛
貧血、不安感、めまい、骨や筋肉の痛み、頭痛、情緒不安定、うつ、興奮、無気力、社会性の低下、攻撃性、コミュニケーション能力や集中力の欠如など 穀物、魚介類、肉類、排気ガス、土壌、殺虫剤、タバコ、ガソリン、塗料や絵の具、古い水道管など カルシウム、
亜鉛、鉄
カドミウム 脱毛、貧血、食欲不振、易疲労感、血圧上昇、神経過敏、腎臓障害、臭覚の喪失、息切れ、食欲不振、不妊症、機能的亜鉛欠乏症、倦怠感、体重減少など タバコ、排気ガス、穀物、野菜、魚介類、粉じんなど 亜鉛

有害金属ミネラルは、脂肪細胞内に取り込まれやすい性質があり、身体の中で最も脂肪細胞が多い臓器である脳に影響を与えることがあります。
今から約60年ほど前に水銀中毒の中枢神経疾患である水俣病はその代表的な例です。
また、アルミニウムは体内に侵人してもそのほとんどがそのまま排出されるとされていますが、近年ではアルツハイマー病との関係性が指摘されています。
これらの有害金属ミネラルは主に、産業などで汚染された土壌や海水、地下水から体内に侵人してきますが、人は有害金属ミネラルを代謝する能力が高くありません。
そのため排出するのが難しく、体内に蓄積してしまう場合があります。
また、有害金属ミネラルを大量に浴びるなどの事故にでも合わない限り、体内に徐々に蓄積されるため自覚症状がでるまでに時間がかかり知らない間に高濃度の有害金属ミネラルが溜まってしまう場合があります。
有害金属ミネラルが高濃度に蓄積した母体は、胎盤をとおして胎児へと移り、生まれてくる子どもは言語障害や運動機能障害、精神疾患などの障害がでる場合もあります。
妊娠中の女性は、重金属が高濃度で検出されることがある大型の魚や深海魚の摂取は避けましよう。
じゃあ、排出するのが難しく、体内に溜まってしまった有害金属ミネラルはどうしたらいいでしよう?
もちろんここで出てくるのもコンブチャクレンズのファスティングです。
脂肪細胞内に取り込まれた有害金属ミネラルは、脂肪を燃焼させることで血液中に放出されます。
すると他の毒素と同じ様に、肝臓などを通って腸に送られ、便や尿と共に排出されます。
現代人は、どんなに気をつけて食事をとっても、農薬や水質に気を付けても、有害金属ミネラルをはしめとする毒素を完全に取り込まないようにするのは難しいと言われています。
これらの害を最小限に抑えるためにも、定期的にコンブチャクレンズのファスティングを行うことが有効なんです。
ただし、有害金属ミネラルを排出させるためには脂肪の燃焼が必須条件になりますので、デトックスの観点からみると、3〜4日以上のコンブチャクレンズのファスティングが必要です。
コンブチャ クレンズ

食品添加物を排泄するコンブチャクレンズのファスティングのデトックス効果

指定添加物として定められている食品添加物は400品目以上あり、これらは化学的に合成されたもので、自然界に存在しないものを指します。
食品添加物の使用目的は、保存料、強化剤などは食品を腐りにくくする、着色料、漂白剤などは食品を色合いや風味を損ないにくくする、甘味料、酸味料、調味料、香料などは食品の味をより大衆うけにする、増粘剤、乳化剤などは食品の粘り気やしっとり感を出すことなどが主です。
何も考えずにいるとありがたいものに思えるかもしれませんが、よく考えてみると不自然なことぼかりなんです。
例えぼ、保存料は昔は、塩や砂糖、酒などに漬けたり、燻製にしたり、微生物の力を借りて発酵することによって、食品の形を変えたり、保存が効くように工夫をしていました。
しかし、現代では、食品は形を変えず、冷蔵庫すらいらない食品が常温でスーパーなどに長期間陳列されています。
本来であれば時間と共に腐敗していくはずの食物が腐らず、味も変わらないのです。
何日経っても色褪せないお惣菜や加工食品は、とても不自然だと思いませんか?
体重や体脂肪を気にする人達がカロリーゼロや糖質ゼロとうたわれる食品や飲料など、カロリーを抑えて甘く食べやすい食品を作るには、人工甘味料が多く使用されています。
しかし、ダイエットのためにとっていた人工甘味料を使用した食品が、肥満や生活習慣病の原因になるというショッキングな研究結果もあるのです。
食品添加物は、どれをとっても不自然なものぼかりだと思いませんか?
食品添加物は、厚生労働省による安全性の認可を受けて管理されていますが、人類の歴史上で化学化合物である食品添加物が使われるようになった歴史は浅く、十分に安全性が確認されているとは言えません。
認可された後に発ガン性があるなどの理由で危険性が指摘されて、使用禁止になった物も数多く存在します。
人は、自然界に存在しない物を代謝する機能は高くありません。
それらは、人が当たり前に行ってきた代謝を狂わせ味覚異常などの、あらゆる不調の原因となっている可能性があるのです。
食品添加物ばかりの食事をとっていると、身体の正常な機能がしらずしらずに機能しなくなり体調を崩してしまう原因にもなります。
一説にはアトピーなどのアレルギー耐性異常の原因は食品添加物によるものとの研究報告もありますよね。
コンブチャクレンズのファスティングで体内に蓄積した食品添加物を排出することにより、身体は本来の代謝機能や味覚を取り戻すことができるんです。
コンブチャ クレンズ